なくならない人種差別

タイトル:なくならない人種差別― “Hidden Figures”
投稿者:藤倉なおこ(京都外国語大学)

黒人男性が白人警官に押さえつけられて死亡したことを受けて、アメリカだけでなく世界各国で抗議デモが起こっています。参加者が掲げた当たり前であるはずの“Black Lives Matter”(黒人の命は大切)のスローガンは、黒人の命がいかに簡単に奪われているかを訴えかけています。英語には“police brutality”という人種差別に基づく過剰な警察の暴力、威嚇、恫喝を指す表現があります。今回のことが大きな運動に発展している背景にはこの事件が今回たまたま起きたことではなく、同様の暴力を警察が繰り返している事実があります。

報道を見て思い出すのは、映画『ドリーム』(Hidden Figures, 2017)の一場面です。映画は1958年から1963年にかけてNASAが実施したアメリカ初の有人宇宙飛行、マーキュリー計画に携わった黒人の女性数学者たちを描いています。現在のようなコンピューターが開発される以前、「コンピューター」と呼ばれた女性数学者たちが、宇宙開発に必要な高度な計算を行っていました。ところが彼女たちの存在は、黒人女性マーゴット・リー・シャッタリーが本にするまで表舞台に出ることはありませんでした。まさに英語の原題、 “Hidden Figures”(隠された人びと)だったのです。

映画の冒頭、主人公Katharineを含めた黒人女性3人がNASAへ通勤中に畑で車が壊れ、そこにパトカーが近づいてきます。普通であれば、助けてもらえる、ありがたいと思うはずですが、3人の間に急に緊張が走ります。三人は身なりを整え姿勢を正し白人の警察官を迎えます。

Mary: Girls. (見て)
Dorothy: No crime in a broken-down car.(故障は犯罪じゃない)
Mary: No crime being a negro, either.(肌が黒いこともね)
Katharine: Button it up, Mary. Nobody wants to go to jail behind your mouth.(言葉に気をつけて、逮捕されたくない)
Mary: I’ll do my best, sugar.(頑張ってみる)
Police Officer: Not a great place for three of you all to be having car trouble.(こんなところでエンストか)
Mary: We didn’t pick the place, Officer. It picked us.(車がここを選んだんです)
Police Officer: You being disrespectful?(ナメてるのか)
Mary: No, sir.(いいえ)
Police Officer: You have identification on?(身分証は?)
Katharine: Yes.(持ってます)<00:04:03>

今では“Negro”は差別用語ですが、かつては「黒人」を表すことばでした。 “No crime being a negro, either.”(黒人であることは罪じゃない)と口にするのは、黒人だというだけで警察官に「いいがかり」をつけられて逮捕されてもおかしくないからです。白人であれば冗談になることも黒人が口にすると “disrespectful”(無礼な、失敬な)となるわけです。今もそのことは変わっていません。黒人であること自体が理不尽な暴力の被害者になるかもしれない、時には命を奪われかねないリスクなのです。今でもアメリカで黒人の子どもは、警官に呼び止められたときにはすべてに従って、決して口ごたえしてはいけないと教え込まれます。コロナウィルスの流行で生活にマスクが欠かせませんが、黒人男性は強盗と誤解されないようにあえてパステルカラーのバンダナや花柄のマスクをしているという新聞記事がありました。

そもそも17世紀にアフリカ系アメリカ人は、奴隷としてアメリカ大陸に連れて来られました。1865年に奴隷制度は廃止になります。しかしその後も差別はなくならず、マーチン・ルーサー・キング牧師が参加者約25万人のデモ「ワシントン大行進」で、人種、肌の色に関わらず平等を求めた“I have a Dream”(私には夢がある)のスピーチを行ったのは1963年、奴隷制度廃止から約100年後でした。スピーチの一節に “We can never be satisfied as long as the Negro is the victim of the unspeakable horrors of police brutality.” (口にするのも恐ろしい警察の暴力の犠牲者に黒人がなり続ける限り、我々は決して満足することはしない)があります。それから60年余り、差別、偏見の厚い壁はいまだに存在し『ドリーム』の実現は厳しいままです。

YouGlishが教える英語のアクセント

タイトル:YouGlishが教える英語のアクセント
投稿者:田畑圭介(神戸親和女子大学)

英語の話し手は英語のリズムを作り出すために、強い発声の語と弱い発声の語を文の中に配置しています。強く発声される語は一般的に内容語(名詞、形容詞、動詞、副詞)に属し、弱く発声される語は機能語(代名詞、前置詞、冠詞、助動詞、法助動詞)に属しています。例えば、(1)は次のように発声されます。

(1) a. I’ve WRITTEN the LETTER in FRENCH.
b. The OFFICE is OPEN at NINE.

太字大文字は強く発声される語を示していて、強弱の語発声の組み合わせが英語のリズムを生み出しています。

内容語と機能語の区別を認識することで、文における発声の強弱の基本が理解できますが、それでも英語のイントネーションの中には一筋縄ではとらえられない現象も存在しています。その一つが代名詞oneです。oneは代名詞であることから、機能語として認識され、実際に強く発声されません。

(2) a. CAN I borrow your RULER?
b. I haven’t GOT one.

(2a)の疑問文を作るcanと、(2b)の応答文で対照的に用いられているIは、ここでは強く発声されます。また(2a)のborrowは内容語ですが、can、rulerと同程度には強く言われないので、ここでは小文字で表記しておきます。(2)で強く言われる語は、(2a)ではcanとruler、(2b)ではIとgotになります。それぞれの語を強く発声し、文にリズムを生み出しています。

代名詞oneは、形容詞とともに用いられた時にも、弱い発声となります。

(3) The TRAIN was CROWDED, so we CAUGHT a LATER one.

THIS one、THAT oneについても、oneは弱く発声されます。機能語であるoneが弱く発音される事実は内容語との対比から容易に理解できます。
しかしながら、代名詞oneの実際の使用例を調べていくと、oneが強く発声される場面に遭遇します。YouTubeのビデオクリップが検索できるYouGlish (https://youglish.com/)のサイトでは、検索語句が用いられているシーンを順に再生してくれるので、イントネーションの把握に至極有益です。試しにwhich one isを検索すると、22,491件の用例が検出されます。▷|のボタンを押すと、次の用例に移りますので、どんどん用例の場面を聞いていってみましょう。実際のところ、whichに続く代名詞oneはどれも強く発声されています。YouGlishによって文単位の音声確認ができますので、本サイトを音声コーパスのように活用できます。

J.C.ウィルズ(2009)等のイントネーションの概説書を調べていくと、代名詞oneは、which、 last、right、wrong、first、only、theといった一部の語の後では強く発声されることがわかります。

(4) a. You took the LAST ONE!
b. Have you GOT the right ONE?

last one is、right one isのフレーズをYouGlishで検索すると、やはりoneが強く言われていることが確認でき、機能語の代名詞oneは弱い発声とは限らないことがわかります。実際、WHICH ONE is yours? といった、whichに後続するoneを弱く発声してしまう傾向が日本の英語学習者に見られます。英語学習者は「WHÍCH +ÓNE」のように強く発声されるoneの存在を認識し、英語イントネーションの習得にも意識を向ける必要があります。

本稿で紹介した用例は、渡辺和幸(1994)『英語のリズム・イントネーションの指導』(大修館書店)とJ.C.ウェルズ(2009)『英語のイントネーション』(研究社)からのものです。イントネーションの概説書とともにYouGlishで実例を聞き取っていくことで、弱形強形のアクセント感覚が自然と身についていきます。

Teaching English Through Video Games

タイトル:Teaching English Through Video Games
投稿者:Ken Poon(Freelance)

As an educator, I’ve always been interested in incorporating different kinds of media into the classroom. Movies and TV shows are common tools, and I have used them often in my lessons. But what about other kinds of media, for instance, video games? Is it possible to teach using video games?

In my class, we play a smartphone game called Spaceteam(2012). It can be played with up to 8 players. The game bills itself as a “cooperative party game”. The premise is simple: the players are pilots of a spaceship, and they must reach the goal in the allotted amount of time.

Each player uses their own phone to play the game. So if 8 players are playing, there are 8 phones. On the screen, there will be a variety of buttons, levers, and dials; akin to what you would imagine seeing on a spaceship’s control panel.

Players are given commands on their own phones that the other players do not see. For instance, player A’s phone will say, “Turn boosters to 5”, but their “control panel” does not show a dial labeled “boosters”. However, player D may see the boosters dial, but they cannot see the instruction that player A can. So, player A must yell out the command “Turn boosters to 5”, which will inform player D to perform the action.

The game will then give directions to a different player to execute a command that they may not be physically able to do, thus, they must shout out instructions to whoever can complete it. The game relies on information gaps to get players communicating with each other so they can reach the goal in time.

The usefulness of this game comes in a special free version called Spaceteam ESL. The gameplay is exactly the same as the original Spaceteam, however, there is an option that allows educators to create their own word lists. The game then uses these words as the label for the various buttons and dials on the control panel.

For instance, in the high school classes that I teach, students must be able to know and say vocabulary words from their textbooks. And while rote memorization and practice can work, many students may feel disengaged or uninterested. By using Spaceteam ESL, I can incorporate those vocabulary words directly into the game itself, which the students have been enjoying immensely.

So, if they are learning words that are used in a restaurant, instead of the game’s instructions saying, “Turn boosters to 5”, it may say, “Turn appetizer to 5”. Of course, the usage is nonsensical, and that is part of the fun of it. However, the students must properly read and say the words so that their teammates can listen for it and take the appropriate action. This gives students plenty of opportunity to practice their reading, speaking, and listening, and fosters communication between them. The game also works great as a team-building activity, giving shy students a chance to contribute, cooperate, and have fun with their peers.

While many see video games as an inappropriate tool for education, the variety of games has evolved immensely from their inception in the 1970s. Modern games give students new ways to play that we could have never imagine. By using video games effectively in class, I believe that we can engage students in the lesson in a way that other media cannot.

口語英語に見られる破格構文

投稿者:井村誠(大阪工業大学)
タイトル:口語英語に見られる破格構文

次は映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(Star Wars: The Rise of Skywalker, 2019)の主役を演じたデイジー・リドリー(Daisy Ridley)が、記者会見で出演の感想を述べたものです。

Going into it I could never have imagined what this would have been, and it feels really momentous to be part of this. It’s also a strange thing to divide “Star Wars” from our lives over the past six years cos it’s such a big chunk of anyone’s lives. But I think working in a place where you feel really good and really safe to make mistakes, try again … that you feel good, that you can laugh, that you can cry, it’s really wonderful, and I’m really, really glad that I’ve had that experience with all these people in this amazing legacy.
(初めの頃は、どんなものになるのか想像もできませんでした。今では、この作品に参加したことは本当に重大なことだと感じています。それに、この6年間の私たちの人生を、『スター・ウォーズ』と切り離して考えることなどできません。誰の人生にとっても、ものすごく大きな部分を占めているからです。(撮影現場は)本当に心地よくて、安心して失敗できたり、やり直したりすることができて…気分が良くて、笑えるし泣ける、そんな場所で働けるのは、とてもすばらしいことです。このすばらしい伝統作品で、ここにいる皆さんと一緒にそんな経験ができて、本当に、本当にうれしいです。)
(NHKラジオ「ニュースで英語術」2020年1月10日放送分)

この発話(英文)のうち下線部は破格構文(anacoluthon)と呼ばれるもので、文法的には誤りとされますが、口語英語では一般的に見られる現象です。先ず、I think以下の主部(working in a place where…)を直接受ける述部がなく文が完結しないまま、途中でこれまでに述べたことをまとめてitで受け、it’s really wonderfulと収束させています。次に、途中から現れる3つのthat節も撮影現場の雰囲気を意識の流れに任せて言い連ねただけのもので、構文上の統語的機能を特定することができません。I thinkの目的節ではないでしょうし、placeを修飾する同格節とするのも無理があります(thatではなく関係副詞whereなら結束性が保てますが)。あるいはmake mistakes, try againの結果節と考えることはできなくもないですが、やはり並列的に心に思い浮かんだことを述べていると考える方が自然でしょう。

このように非文法とされる破格構文を正規の教育の中でお手本とすることはあまり考えられませんが、ただ一方で文法的正確さにがんじがらめになっている日本の英語教育が、学習者の発話産出の大きな障害になっていることも事実です。そもそも文は書き言葉の単位であり、「破格構文」という用語を口語英語に当てはめること自体に無理があるとも言えます。Quirk et al. (1985)では発話を構成する単位として音調単位(tone unit)という概念を提唱していますが、書き言葉の論理とは別に、単に「非文法」や「破格」では片づけられない話し言葉の論理というものが存在すると思います。

Filmore (1979) は、発話の流暢性(fluency)について以下の4要件を挙げています。

(1) The ability to talk at length with a minimum of pauses.
(2) The ability to package the message easily into “semantically dense” sentences without recourse to lots of filler material.
(3) The ability to speak appropriately in different kinds of social contexts and situations, meeting the special communicative demands each may have.
(4) The ability to use language creatively and imaginatively by expressing ideas in new ways, to use humor, to make puns, to use metaphors, and so on

つまり流暢さとは、一定の長さの意味のある発話を、淀みなく、状況に応じた適切な形で、創造的に行えることであるというわけです。口語英語に見られる破格構文は、意識の流れに任せて自由に一定の長さの発話をするための一種の方略と考えられないでしょうか。こうしたことはあえて真似をして学習するようなものではないかも知れませんが、多くの生きた英語に触れ、また実際に英語を使う中で自然に理解できるようになるものだと思います。外国語としての英語をマスターする上では最後の試練とも言える「ネィティブの壁」の1つかも知れません。

Filmore, C. (1979). On Fluency. In C. Fillmore, D. Kempler., & W.S. Wang, (2014). Individual Differences in Language Ability and Language Behavior. pp.85-101, Saint Louis: Elsevier Science.
Quirk,R., S. Greenbaum, G. Leech and J. Svartvic. (1985). A Comprehensive Grammar of the English Language. London and New York: Longman.

「丁寧にするためにとりあえずpleaseをつけておこう」の間違い

2020年2月7日
投稿者:松井夏津紀(京都外国語大学・非)
タイトル:「丁寧にするためにとりあえずpleaseをつけておこう」の間違い

誰かに何かをお願いしたいとき、どのような表現を使っていますか。例えば、駅への行き方を教えてもらいたいとき、Please tell me how to get to the station. というようなpleaseを使った文を使ったことはないでしょうか。日本人は「please=どうぞ~てください」と習うため、「please=丁寧な依頼表現」であるという解釈をしている人が多く、そのためpleaseを多用しがちだそうです。しかし、pleaseという語には命令や指示を和らげる働きはあるものの、pleaseを添えるだけでその文が丁寧な依頼文になるわけではありません。

次のセリフは、『ウォーキング・デッド』の悪役ニーガン(レザージャケットを着て、有刺鉄線を巻いたバットを持った残虐な人物)が部下のサイモンに威圧的な態度で言うセリフですが、この場面では学習者があまり気にしていないpleaseを使う際の重要な要素を観察することができます。

Negan: Who the hell do you think you’re talking to? Are you confused about who we are? Are you confused about who is in charge? Are we backsliding, Simon? Please, tell me we’re not backsliding.(俺を誰だと思ってる?俺たちを勘違いしていないか?誰がボスだか分かっているのか?以前に逆戻りするか?教えてくれ、俺たちは逆戻りするのか?)<00:08:58>
『ウォーキング・デッド』(The Walking Dead, Season 8, Episode 5, 2017)

実は、pleaseが使われるときは、言われた人には言われた内容を行う義務があるという前提があるそうです。つまり、pleaseを使って何かを頼むときは、頼む側が相手にそのことを頼む権利があると考えている場合なのです。ニーガンが部下のサイモンに使っているpleaseには「どうぞ~てください」というような丁寧さのニュアンスはなく、むしろ相手が「言われたことをする義務がある」ということを示しています。(ちなみに、このあと、サイモンはWe’re not backsliding.(俺たちは逆戻りしない)<00:09:25> と、ニーガンに言われた通りのことを言っています。)
刑事ものの映画やドラマを見ていると、警官や捜査官のセリフにpleaseが使われていることがよくありますよね。次のセリフは文末にpleaseが添えられている例です。

Cop: Ma’am, you need to get back in your car, please.(車に戻ってください)<00:15:00>
『デスパレートな妻たち』(Desperate Housewives, Season 1, Episode 2, 2017)

Lisbon: Police. Philip Handler? May we speak with you, please? (警察よ。ちょっと話があるの)<00:13:53>
『メンタリスト』(The Mentalist, Season 1, Episode 3, 2010)

上記の例の場合、警官は職務上、女性に車に戻るよう促す権利があり、言われた女性は車に戻る義務があると考えられます。また、リズボン捜査官も職務上、フィリップ・ハンドラーという男性と話をする権利があり、またその男性はそれに応える義務があると考えられます。これらのセリフの例からも、pleaseを添えることにより、口調は丁寧になるものの、相手に伝えている内容は「依頼」ではなく「指示」であることが明確にわかります。

中学生のときに学習した「誰もが知っている簡単な表現」は、知っていると思い込んでいるために、大切な用法や意味を見落としているということが結構あるように思われます。簡単だと思っている単語や表現こそ、もう一度調べてみた方がいいかもしれませんね。

「“I’m calling X…”はTOEIC L&Rでは正解を指す談話標識!」

2020年1月30日
投稿者:倉田 誠(京都外国語大学)
タイトル:「“I’m calling X…”はTOEIC L&Rでは正解を指す談話標識!」

本拙稿はビジネスシーンでよく使われる “I’m calling X…”という表現パターンを知ることは学習者の言葉の引き出しを増やすだけでなく、TOEIC L&RのPart 3やPart 4で頻出する問題に効率よく対応できる即効性があることを述べます。“I’m calling X…”のXは変数で、to do, about, because, in response to, in regards to等々が導く語句や節が生起し、その後に続く談話はそのX以下の内容に絞られます。

下記の(1)のやり取りは『ミセス・ダウト』で主人公のダニエルが、元妻のミランダが新聞に出した「家政婦募集」の広告について電話をしているシーンです。ダニエルは離婚によって離れ離れに暮らすことになった子供たちと再び生活を共にするために、住み込みの家政婦として潜り込むことを企てます。声優を生業にしているダニエルは七色の声を操る才能を持っていますので、このシーンでも地声を見事に女性の声に変えます。しかも米語ではなく、イギリス英語で貴婦人のごとく話すので元妻も完全に騙されます。

(1)
Miranda: Hello.(もしもし)
Daniel: Hello. I’m calling in regards to the ad I read in the paper. (もしもし、新聞で読みました広告に関してお電話をさせていただいているのですが、、、)
Miranda: Yes, well, would you tell me a little bit about yourself?(あっそうですか、では少し自己紹介していただけないでしょうか?)
Daniel: Oh, certainly, dear. For the past fifteen years, I’ve worked for the Smythe family of Elbourne, England. That’s Smythe, not Smith, dear.(もちろんですわ、私はここ15年間、イギリスのエルボーンのスマイズ家に仕えてまいりました。スミス家ではなく、スマイズ家ですわよ、あなた。)<00:30:59>『ミセス・ダウト』(Mrs. Doubtfire, 1993)(太字下線は筆者)

太字下線を施したダニエルの“I’m calling X…”の文によって、家政婦募集側のミランダはその直後のセリフで単刀直入に相手の家政婦としての経験を問う話に入ります。このように“I’m calling X…”は、ビジネス上の電話で相手と話を始める時に使う定型表現ですが、明確な談話標識の役目を果たします。つまり、この表現内やその直後には要用の情報があります。

ATEM会員の有志が集った「資格試験英語研究SIG」がTOEICの新形式テストの公式問題集6冊と旧形式テストの公式問題集6冊に掲載されている計12冊(24テスト)を調査した結果、48回の“I’m calling X…”の生起をPart 3とPart 4に確認しました。つまりこの表現は1テストあたり2回お目にかかる頻出の定型パターンです。上掲の公式問題集の計24テストの頻度はPart 3が25件で、Part 4が23件と生起頻度で拮抗しています。パターンの内訳は“I’m calling X…”の変数のXがto doが18回と最も多くなっています。それ以外ではbecause(11回)、about(10回)、その他(9回)となっており、そのほとんどにおいて“I’m calling X…”の部分の情報が問われています。下記の(2)はPart 4のテレメッセージの問題ですが、お約束通りその部分が問われています。

(2) (Questions 74 through 76 refer to the following telephone message.)
Hi Ms. Goldberg, it’s Henry. Since you’re out of the office today, I’m calling to report on how the meeting with the production team went. We started off by talking about your idea to use a less expensive manufacturer in another state for our watches. And the team did bring up one problem. Right now, it takes only one day for our products to get from the factory to the local retail stores. If we go with a new factory, then shipping could take a lot longer. Anyway, could you call me back so we can discuss it more?

74. Why is the speaker calling?
(A) To ask for assistance with a fund-raiser
(B) To schedule a factory inspection
(C) To confirm the details of a renovation
(D) To report on a recent meeting *
(公式TOEIC Listening & Reading問題集5, Test 1, Part 4:太字下線は筆者)

生産部との会議の結果を上司に報告するテレメッセージですが、冒頭の太字の“I’m calling to…”の情報を採取さえすれば、情報価値が高い要用が理解できます。そして必然的にその部分に関する設問が来る可能性が高いわけです。上掲の問題も正にそのパターンとなり、自信を持って選択肢(D)を選べます。

このような知見を前掲の研究SIGが開発した、“An Amazing Approach to the TOEIC L&R Test”(成美堂)に満載しました。このテキストはTOEIC L&R テストのデータを活用して編んだものです。他にもTOEIC L & Rで頻発する様々な談話標識を散りばめていますので、是非ご一読ください。