YouTubeを使ったホテルイングリッシュ授業実践の報告

タイトル:「YouTubeを使ったホテルイングリッシュ授業実践の報告」
投稿者:金田直子(神戸女子大学・非)

「あそこのお煎餅屋さんはかなりおすすめですよ。」
皆さんならどう英訳しますか?クラスでこの質問をすると多くの学生が I recommend that rice cracker shop very much. と答えてくれます。文法的には正しいように見えますが、COCA (Corpus of Contemporary American English) で recommend と共起する副詞の上位は 1. highly 2. strongly 3. definitely でした。very much を含む実例は見つかりませんでした。このように文法的には正しくても実際には使われない英語表現が学生とのやり取りの中で多々出てきます。授業では「誰かに何かをお勧めする時の表現」は他にどんなものがあるのかを、YouTube の動画を見ながら学生に発見してもらいます。

このように、私が担当しているホテルイングリッシュを扱うクラスでは、接客時の基本的な英語表現を学びます。教科書にはリスニングやロールプレイなどのエクササイズが散りばめられていますが、CDを流してディクテーションをしたり、口頭練習をしたりするだけではそのフレーズが自分の言葉で、その場面で使えるようになるかは疑問です。そこで当該クラスでは、学習者にとって身近な映像コンテンツの一つであるYouTubeを補助的教材として活用しています。

YouTubeの動画を補助的教材として使用することで (1) 教科書で学んだフォーマルな表現と、実際に現場で使われている表現の橋渡しができる、(2)フレーズと映像で学習することでより深く記憶に定着させることができる、(3) 映像と共に学ぶことで行ったことのない場所や異文化などを擬似体験することができる、(4) 学習者が自分の興味に応じて動画を検索し学習を自律的に継続することができる、という4点において効果的であると考えます。またYouTubeのハード面の利点として日英語の自動字幕が選べることと、音声再生速度を調整できることが挙げられます。自動字幕に関しては一言一句正確に書き起こされているわけではありませんが、内容の大意を掴むには十分な精度と言えます。

YouTubeを補助教材として使用した当該授業では、ホテルのコンシェルジュが観光名所をゲストに案内するというユニットで学生には「訪日外国人客におすすめしたい神戸の観光スポットをネットなどを使って下調べしてくる」ことを宿題にしました。そして翌週の授業では Internationally me という YouTuber の神戸観光の動画を使い、神戸の名所を巡りながら、教科書で登場した表現とフレーズの学習をします。次に動画の中で「誰かに何かをおすすめする表現」として教科書で学んだもの以外にどんなフレーズがあるのかを学生に見つけてもらいます。

以下は一例ですが、must-seeを使い「必見の」という意味でおすすめのスポットという表現が登場します。

…so in this video, let me show you how you can travel around Kobe efficiently and visit the must-see places in just one day.
(YouTube: Kobe In A Day: What To Do And Eat In Kobe | Japan Travel Guide)

動画で様々な表現を学んだ後、学生は動画の中で自身が使ってみたいと思う表現を自分で選び、各自下調べをしてきたおすすめ観光スポットを紹介するペアワークを行います。

YouTubeの多くの動画には映画やドラマのようなきっちりと決められた台詞がありません。その時の感じたことを表現するという点ではより実践的でAuthenticな英語を学ぶツールの一つとも言えます。また、YouTubeには同じトピックでも様々な動画があげられているので、動画の検索方法を授業内で教えれば、学習者は自分の興味にあった動画を使ってどんどん学習を続けることができます。オンライン授業になり学習者はさらなる自律的学習力がもとめられています。我々教員も、学習者の集中力を維持させながら知的探究心をくすぐる授業をするために、彼らの文化に寄り添った教材研究が必要ではないでしょうか。

ドラマ『シャーロック』の魅力とは?

タイトル:ドラマ『シャーロック』の魅力とは?
投稿者:松浦加寿子(中国学園大学)

現代で「シャーロック」と言えば、世界で一番有名な探偵と言っても過言ではありません。シャーロックの作品はこれまでに何度もドラマ化や映画化されています。日本でも、2018年4月に『ミス・シャーロック』や、2019年10月には『シャーロック』がフジテレビジョンの制作で放送され、絶大な人気を誇っています。

その中でも高い人気を博したのが、英BBCが製作し、2010年から2017年まで放映されたドラマ『シャーロック』(Sherlock)です。シャーロックは、作品の中で頭脳明晰で鋭い観察眼を持ちながら社会性を著しく欠いており、さらに高機能ソシオパスとして描かれています。そのような彼が相棒のジョンとどのように信頼関係を構築していくことができたのか、さらに私たちがシャーロックに魅了されるのはなぜなのか、言語学者のブラウン&レヴィンソンが提唱した人間関係を円滑にするための言語手段であるポライトネス理論の観点から考察したいと思います。ここでは、『シャーロック』(Sherlock, Season 1, Episode 1)の「ピンク色の研究」を取り上げます。

まず下は、初対面の場面で、シャーロックがジョンに関する情報を彼の外見から推測する場面です。

Sherlock: I know you’re an army doctor and you’ve been invalided home from Afghanistan. I know you’ve got a brother with a bit of money who’s worried about you, but you won’t go to him for help because you don’t approve of him – possibly because he’s an alcoholic, more likely because he recently walked out on his wife. And I know that your therapist thinks your limp is psychosomatic – quite correctly, I’m afraid. (君は軍医で負傷して帰国。兄がいるが助けを求めない。彼の飲酒癖のせいかな。兄は最近妻と別れた。セラピストいわく、君の足は心因性。)<00:11:20>

ここでシャーロックはジョンの外見から、陸軍の軍医で負傷しアフガニスタンから送還されたことや、ジョンの兄の飲酒癖が悪いこと、さらにジョンのセラピストはジョンが脚を引きずるのは心因性であると判断し、それらが見事に当たっていることが後に分かります。ポライトネス理論では、相手と距離を縮めたいときに用いるストラテジーとして、他者から好かれたい、認められたい欲求がベースにあるポジティブ・ポライトネスを15個挙げています。太字の部分は、「相手(の興味、欲求、必要、物)に気づき、関心を向ける」に該当し、シャーロックがジョンに関心を示していることがうかがえます。

次は、なぜ言い当てられたかの根拠をシャーロックから聞いたのち、その鋭い考察にジョンが感心している場面です。

John: That was … amazing.(すばらしい推理だった。)
Sherlock: Do you think so?(そう?)
John: Well, of course it was. It was extraordinary. Quite extraordinary.(まったく見事だったよ。)<00:20:25>

ここで太字の3文目の褒めの箇所は2文目をさらに強めて言っていると考えられますが、シャーロックの考察に対してジョンが賛意を3回も述べて大袈裟であること、またこのストラテジーはイントネーションやストレスからも判断できるとブラウン&レヴィンソンが述べていることから映画の音声からも判断して太字の部分はすべて「(相手への興味、賛意、同情を)誇張する」のストラテジーに該当すると考えられます。前例は相手の何かに気付いて発言するのに対して、この例では相手の発言に対して賛意を述べることで相手とより一体感を生み出しているように思います。

これらの場面でシャーロックとジョンは初対面にもかかわらず、お互いに打ち解けたい時に用いるポジティブ・ポライトネスを使用しています。高機能ソシオパスで社会性を著しく欠いており、一見コミュニケーション能力が低そうに思えるシャーロックが序盤から上手に人間関係を構築していることが明らかです。それがまさしく視聴者をも虜にするシャーロックの魅力ではないでしょうか。

支部大会の開催中止と支部報告について

ATEM西日本支部会員の皆様、

日頃よりATEM西日本支部の活動にご理解とご協力を賜り、ありがとうございます。
さて、今般のコロナウィルスの感染拡大の状況を鑑み、3月に予定しておりました、ATEM西日本支部大会は「中止」とさせていただくことをご連絡いたします。
なお、本来は支部大会で報告すべき役員人事と会計報告について、ご報告させていただきます。

1. 支部役員人事
(退任)小野隆啓(京都外国語大学)
北本晃治(帝塚山大学)
平井大輔(近畿大学)
(新任)ラムスデン多夏子(京都外国語大学)

2. 会計報告
【収入の部】329,913円
2019/02/18        2018年度繰越金        260,770
2019/03/02        展示ブース代(ピアソン・ジャパン)        2,000
2019/03/02        大会参加費(非会員@500×4名)        2,000
2019/03/03        記念論集販売(@500×5)        2,500
2019/03/03        不明金(領収書未渡1件+おつり間違い)        505
2019/04/01        受取利子        1
2019/06/28        スクリーンプレイ印税        11,136
2019/07/24        西日本支部活動費        50,000
2019/10/01        受取利子        1
2020/01/12        懇親会余剰金        1,000

【支出の部】329,913円
2019/02/24        運営委員会交通費@京都女子大学        11,210
2019/02/28        事務局備品(領収書)        334
2019/03/02        特別講演謝礼        10,000
2019/03/02        交流会招待(@4,500×3名)        13,500
2019/03/02        アルバイト代(1,000×5h+昼食代)        6,000
2019/03/02        茶菓子代        4,263
2019/03/02        大会備品搬送代        1,577
2019/07/14        運営委員会交通費@兵庫教育大学大阪サテライト        5,400
2020/01/12        運営委員会交通費@兵庫教育大学大阪サテライト        8,880
小計                 61,164
繰越金    268,749

なお、正式な会計報告書は、次回の支部大会で配布させていただきます。
事態の1日でも早い収束をお祈りいたしますとともに、皆さまにおかれましては、どうぞご健康に十分留意されますよう、お願い申し上げます。

ATEM西日本支部支部長 近藤 暁子

支部大会開催中止(延期)について

今般のコロナウィルスの感染拡大の状況を鑑み、3月15日(日)に予定しておりましたATEM西日本支部第17回大会の開催を一旦見合わせることにいたしましたので、とりいそぎご連絡申し上げます。

発表者の先生方ならびに参加を予定されていた会員の皆様へは大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

なお、延期開催につきましては、その是非も含めて今後の状況を見て判断の上、改めてご連絡させていただきます。

事態の1日でも早い収束を祈るとともに、皆さまにおかれましては、どうぞご健康に十分留意されますよう、お願い申し上げます。

2020年2月26日
ATEM西日本支部
支部長       近藤暁子
大会企画委員長  松井夏津紀