研究会
SIG

資格英語研究会 SIG on English for Certified Tests

【代表者】はぎ寛美(京都産業大学)
【研究目的】TOEIC、TOEFL、英検の3資格試験に絞り、各試験間を超えた英語運用能力の向上を目指すための効果的は教授法を考える。結果として、どの資格英語試験においても、得点の向上を見ることができるように研究、また教材の共同開発も行う。メンバーが各試験を受験した際は、最新方法のシェアを行い研究内容に反映させる。

英語学研究会 Sig on English Linguistics

【代表者】吉川裕介(京都外国語大学)
【研究目的】本研究グループでは、映像メディアを活用して言語学的な現象を検証し、教育現場への応用や実践につなげることを提案する。具体的には、映像メディアが理論と実践の橋渡しとしての役割を果たし、英語学習者にとって本質的な理解と実際的な運用を身につける上で非常に有用であることを、理論言語学的な見地やコーパスデータ等を通して提案する。また、グループで集積したデータや資料をメンバー内で共有し、学習教材・教授用資料などの共同開発を行う。

著作権勉強会 Copyright Study Group

【進行】井村誠(大阪工業大学)
【趣旨】著作物の教育・研究利用について、どのような法的規制があるかよく分からず、不安を抱いたまま教育・研究活動を行っている不健全な現状を改善したい。
【活動】ATEM西日本支部の運営委員をメンバーとして2019年7月14日に第1回勉強会を開催し、ブレーンストーミングを行って、著作権に関わる現場での迷いや悩みなどを質問事項として洗い出した。2020年1月12日に開催した第2回勉強会では、大阪工業大学知的財産学部の甲野正道教授(文化庁出身)を招いて座談会を行い、第1回勉強会で集約した質問事項に逐一ご回答をいただいた。以下に資料を添付する。

第1回著作権勉強会資料(Copyright Study Meeting 1
第2回著作権勉強会資料(Copyright Study Meeting 2
著作権Q&A(Copyright_QA